2007年06月03日

日本動物高度医療センター サファリパーク

動物病院専用製品のお求めは当院で
ペットビジョン

日本高度動物医療センターについては、色々なご意見を
いただきました。
・地方にも日本高度動物医療センターのような動物病院が
あれば
・二次診療だけでなく、一次診療も日本高度動物医療センターで
おこなってほしい。
・日本高度動物医療センターは診療費が凄くたかいのでは?
・ペット医療のレベルアップを期待

などの意見をいただきました。日本動物高度医療センターは
規模的にも日本一ですので、飼い主さんの注目度も高いよう
ですが、皆さん今後に注目しているご様子です。

日本動物高度医療センタのようなペットの医療関連の
ニュース以外にも動物関連では

中国のサファリパークでの出来事

が話題になっていますね。
生きた牛をサファリパークのライオンの中において
まさにサファリをお客さんに見せる・・・・・。
欧米からは非常に非難されています。当然自然で起きた弱肉強食の
世界ではなく、ショーとして人為的に行なっているものです。
確かに我々日本人から見ても、残酷なシーンです。確かに視覚的に
見ると非常に残酷です。・・・・ただ、本当に心からそう思うのか。

中国のサファリパークの問題は、先のディズニーの”パクリ”問題
もありましたから、テーマパークつながりで今回の中国サファリパークも今問題になったのだと思います。

残酷だ・・・・・。多分欧米からの非難は、動物の権利から
発していると思います。動物にも尊厳のある死、痛みの無い死、
恐怖の無い死を求めます。非難をする側は、菜食主義であったり、
本当に動物の権利を尊重する方からでることは極自然でしょう。
牛という存在は、人間が牛肉というものを完全に消費しなくなれば
消費される牛という種の存在はなくなるわけですから、中国の
サファリパークでの出来事はなくなるわけです。
中国のサファリパークでもライオンに生体ではなく死肉として牛肉を
与えているば、このように非難はされないのかもしれません。
でも、視覚的以外に何の違いがあるのか。

母牛から生まれたばかりの子牛を母親からすぐに引き離し
仔牛のフィレ肉としてレストランに並びます。
お乳が出なくなれば、廃用となり、色々な部位の肉が色々な
用途に利用されます。
中国のサファリパークでお客さんから得たお金と
レストランが仔牛を食べたお客さんから得えたお金

何も変わらないと思います。














posted by petvision at 09:41| Comment(48) | TrackBack(6) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

日本動物高度医療センター 考察

ペットビジョン

ペットの高度医療、日本動物高度医療センターに代表されるよ
うな高度な検査等ができる医療サービスについては皆さんも色々
とご興味があると思います。

基本的には、周辺の開業獣医師(特に獣医師会所属)との兼ね合いも
あるでしょうから、一次診療(いわゆるホームドクター的な)業務は
せず、開業獣医師からの紹介(より専門的な症例)をメインとする
(今回の日本動物高度医療センターのような)医療センターと、
ホームドクター的な医療サービス(予防医学、行動学等)から
高度医療までもを包括できる医療センターの二つに分類できる
と思います。

前者の日本動物高度医療センターのような二次診療特化型は
既存の大学病院に変わるものとして、存在価値は大きくなる
と思います。確定診断も今まで以上に開業医にとってはしやすい
ものになるとは思います。

後者はその動物病院の院長の理念に基づいた高度医療となります。
また設備があるので検査等までの紹介等の時間はかなり省略される
と考えています。また病院に行く手間も省けると考えます。

しかしどんな事業でも

人材ありき

であり、獣医療もそれに当然当てはめられます。
最新設備があってもそれを駆使する能力が無ければ意味の無い
ものとなります。
今回の日本動物航路医療センターでスキルを駆使する獣医師が
どれだけ誕生できるかも、存在価値の一つではないでしょうか。








posted by petvision at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本動物高度医療センター

動物病院専用製品のお求めは当院で
ペットビジョン

日本動物高度医療センターがTVで紹介されました。
TVでは日本初といっていましたが、特に日本初ではなく、CTや
MRIそして専門病院はすでに日本の各所にあります。

日本動物高度医療センターの場合、外資から資金が入っているので
かなり営利目的が強く(法人格ですから当たり前ですが)、
かつ、今後外資系の動物用医薬品のメーカーの研究等にも利用
(推測ですが)されることでしょう。

アメリカなどでは、このような高度動物医療センターは数多く
あり、その下にホームドクターが存在します。アメリカなどの
場合は、飼い主さんが治療方針を十分に認識して行動しますが

日本の場合は

高度=良い治療
最新の設備=最良な診断
大病院=優秀な人材

と考えすぐにそのような病院に行きがちですが、
上記を満たすのは基本的には、開業獣医師の先生が地道に病院を
運営しつつ、次第に大きくなり、設備も充実したような病院が
ほとんどです。それはその病院の院長の理念が拡大とともに反映
されます。

日本動物高度医療センターの場合は、日本獣医師会の会長さんが
社長だそうです。経営も大切でしょうが、獣医師会の会長という
立場は、日本の獣医療やペットケアの啓蒙に対して命をかけてやる
ことが沢山あるのではないでしょうかね?たとえば、ペットが「物」
とされる現行法の改正運動とか・・・。
外資から金出してもらってしまっては、お金儲けで目一杯になっ
ちゃうでしょうねー。

今回テレビ東京のワールドビジネスサテライトで色々と紹介されたの
ですが、その他、関連業種が紹介されていましたが、
「お金持ちだけがペットを飼える、健康が守れる」というスタンスに
非常に嫌悪感を感じました。

全然違うと思うんですけど・・・。

ペットは子供ではなくパートナーだと思いますが。私見では。












posted by petvision at 12:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

猫の健康管理での意識

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

猫の飼い主さんの意識調査で、猫の飼育で気になることの意識調査
資料があります。

トップから順番に列記しますと

年齢にあわせた食事管理をしている
こまめに体を触って体調や体つきに気をつけている
便や尿の状態を常に気をつけている
機能性がある食事を与えている
爪、耳、目等に異常がないか気をつけている
ノミダニの有無と駆除に気をつけている
被毛の状態を常に気をつけている
食事は決まった時間と回数を決めて与えている
病気対策として投薬や、ワクチンの接種を受けている
間食を与えすぎないようにしている
良く食べる、好きな食事を与えている
原材料の安全性に気をつけている
ペットにストレスを与えないように気をつけている
動物病院で定期的に検診を受けている
口臭の状態を常に気をつけている
老化に対して気をつけている
良く運動をさせるようにしている
体重の変化に気をつけて、体調に気をつけている
無添加、無着色のフードを与えるようにしている
食事量、カロリーを計算して与えている
アレルギーに考慮した食事を与えている
手作りのフードを与えている
サプリメントをあたえている
その他

猫の飼い主さんも、病気予防の意識が高まっています。
特に食に対する注意は皆さん共通だと思います。

ペットビジョン


posted by petvision at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

猫のしっぽで何かのシグナルを理解する

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

猫の話題ばかりになりましたが、猫のしっぽの動作で何かの
シグナルを察知する資料があります。(動物行動医学 チクサン出版より 抜粋)

しっぽを直立させている
猫の遊び、あいさつ、メスの性的接近
しっぽを直立させてムチうつように動かしているとき
欲求不満
半分(直立と水平の間)立てているとき
友好的な接近、メスによる性的接近
低い位置
攻勢的攻撃行動(硬直させてムチいつように動かしている場合)
守勢的攻撃行動(弛緩している場合)
尾が静止している場合はリラックスしている
足の間に尾があるとき
服従、恐怖

猫は様々に行動をするため、未だ科学的に解明されていないことが
非常に沢山あります。痛みの感じ方一つにしてもまだ猫ちゃんには
解明できないことがあります。
だから飼うとハマるのかもしれませんね。
ペットビジョン


posted by petvision at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

猫と人の病気 人畜共通伝染病 その予防

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

最近、動物から伝染する病気についてのニュースが多いと
思います。伝染病だけでなく、感染症も重要です。
人畜共通感染症
よく聞かれると思います。
猫ちゃんで一番皆さんご存知な感染症は
猫ひっかき病
だと思います。
我々獣医師も気をつけている感染症のひとつです。
猫ちゃんの飼い主様向けのペットを介する病気の感染を
防ぐための指標が下記のようにアメリカではなっています。
お家に赤ちゃんや、ご老人がいるご家庭では特に参考に
されてください。またあくまでもアメリカの猫臨床学会の報告で
あり、猫ちゃんが外にでる前提での指標です。

新しい猫ちゃんを迎える場合、今まで個人の家で飼われていた
臨床的に健康で寄生虫が寄生していない、成猫が最も
人畜共通感染症の危険が少ない。


あたらしく猫をお家に迎えるときは、獣医師が身体検査全般および人畜共通感染症のリスクを評価するまで、免疫の不十分な方から(赤ちゃん、幼児、ご老人等)隔離しておく。

健康でない猫ちゃんはいずれも直ちに獣医師の診療をうける

猫には適度な間隔で、狂犬病のワクチンを接種する

知らない猫には触れないこと

猫にトイレの水を飲ませないこと

猫に触れた後は手を洗うこと

毎日、家から糞便は処理する

免疫の弱い方はできるだけ猫ちゃんのトイレのお掃除はさける。もしそのような場合はなるべく手袋をつける

庭仕事をする場合は手袋を着用し、終了後は十分手をあらう

子供用の砂箱には覆いをかけて、外猫の糞便で汚染されないようにする

猫のトイレは中敷を用い、熱湯と洗剤で定期的にトイレを洗浄する

猫には調理済み、もしくは市販の加工フードのみを与える

極力ハエ、ゴキブリなど家庭内に人畜共通感染症の病原体を運び込む可能性のあるものを駆除する

外のお水はろ過するか沸騰させること

猫を室内で飼うことにより、人畜共通感染症の病原体を運ぶ可能性のある他の動物、他の動物の排泄物ならびにノミ、およびダニ等に曝露されることが少なくなる

ノミやダニ等の駆除に関して獣医師の助言を求めること

猫と食器を共有しないこと

猫に顔をなめられないようにすること

皮膚に傷つける危険性を軽減するために猫の爪を度々切る、場合によっては爪にキャップをしたり、抜爪も考慮する

咬んだり、引っかいたりする傾向のある猫については行動改善を考慮すること

猫をからかったり、運搬用ゲージから引っ張り出そうとしないこと

猫に咬まれたり、引っかかれたりした場合は、医師に相談する

食用の肉は15分以上(80℃)加熱調理すること

肉を取り扱う際には手袋を着用すること。終了後は石鹸および水で十分に手を洗うこと

以上アメリカでの獣医師側から提案している基準です。
不可能な(猫ちゃんになめられない・・・これは楽しいコミュニケーション)ことも記述されており、一言で言えば、これを守れる方はペット飼えないでしょうね。
アメリカの風土(訴訟社会等)ですので、大げさなのかもしれ
ませんがご参考に一読されてください。
ペットビジョン












posted by petvision at 11:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫を飼う方が増えましたね。

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

ここ近年、猫ちゃんを飼う飼い主様が増えています。
理由は様々ですが、一人暮らしの方でも安心して猫ちゃんは
飼えることや、マンションなどでのペットの飼育可能建物が
増えた影響があると考えます。

ペットは人間に癒しを与え、人間の心にゆとりを持たせます。
ペットとの生活が、どのように人間生活に影響を与えるか
下記に統計資料より抜粋してみました。

犬を軽くなで始めると、数分後に人も犬もストレスを緩和するホルモンの分泌が高まる。

ニューヨーク、ミズーリ、テキサス州の療養施設で調査したところ、環境中にペットや草花を取り入れると、患者1人の1日当り平均医療コストが$3.80だったものが$1.18に減少した。

ペットの飼い主は血圧がより低く、ストレスのより少ない生活を送り、中性脂肪とコレステロール値が低く、関節痛、不眠症、不安などの症状が軽い。

ペットと運動をすることで、健康状態をより良く維持でき、孤独や孤立感を緩和する。エイズ患者は鬱症状やストレスを緩和できた。

ペット飼育は心臓発作を起こした患者の1年生存率を最大で8倍高めることに貢献する。

ペットを飼育し始めた70%の家族は幸福や楽しみが増加したと答えた。

ペット飼育は夫婦間のストレスも減少する。240組の既婚カップルの半数はペットを飼育しているが、両群に簡単なストレスを与えて心拍数増加や血圧上昇、算数の回答状況などを調べたところ、ペット飼育カップルはストレスレベルが低く、かつ計算間違いが少ない。

ペットを飼育するカップルは、飼育しないカップルに比較して、お互いのコミュニケーション度と満足度がより高く、ストレスにうまく対応できる。

犬と一緒に生活する子供は重病に罹ったときや、親との死別に対してうまく向き合うことができる。

動物愛護教育プログラムに参加した子供は、参加しなかった子供に比較して他人への思いやりが強い。

etc....

皆様当てはまることあるのではないでしょうか。
ペットビジョン






posted by petvision at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

猫のおしっこ 猫の突発性泌尿器症候群

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

気候も暖かくなりました。猫ちゃんにとっては過ごしやすい時期になりましたね。
暖かくなると
猫の泌尿器症候群
も冬に比べて少なくなります。

猫下部尿路疾患は突発性猫下部尿路疾患とも言われるように
突発的に起きるのが特徴です。
猫の突発性尿路疾患は原因が不明です。
症状としては、頻尿、血尿、尿道閉塞などがありますが、
尿道が閉塞すると直ちに閉塞を解除する必要があります。

原因は尿路結石、尿路感染、腫瘍などがありますが、総じて
多いのが尿石つまり結石です。
尿石症で最も多い尿石の種類に
ストルバイト
シュウ酸カルシウム


というものがあります。この尿石の原因となる物質の量
が増え過ぎたり、尿の性状(pH)が変化したり、尿が
少なくなり物質の濃度が濃くなると、通常尿に溶けて
いた状態のものが溶けきれなくなり、結晶となってし
まいます。それが固まったものが砂や石の状態になります。

最近の猫ちゃんには非常に多いです。再発が多くなると
大部分の飼い主さんが対応する処方食に変更することが
多いです。

この病気の場合、症状自体は尿道閉塞を除き、自然治癒
してしまうのですが、根本的な原因は解決されないので、
再発することが多いです。

お気をつけください。
ペットビジョン
posted by petvision at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫や犬の肥満 肥満で病気になってしまったら・・・

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

前回のブログで、猫の糖尿病について書きました。
猫も犬も糖尿病はありますが、その危険リスクの一つである
のが肥満ですが、肥満で病気になった場合、減量をしなければ
命にかかわるような場合、下記のような管理をしなければなら
なくなります。

適切な運動をさせる。

バランスの良い低カロリー食をカロリー計算して与える。
家庭において定期的な体重測定を実施し、記録する。

食事のときは他のペットと離して、一頭だけカロリー計算して
与える。

食卓の残り物、おやつ、スナック、その他のごほうびなどは
与えない。

減量プログラムの進行状況を追跡調査するため定期的に
動物病院にいく。


また犬も猫も過激な減量は健康を損なう可能性があります。

肥満の恐怖を増長しているわけでは決してありませんが、
上記についてはほとんどの動物病院でアドバイスとして
進言することです。

大変ですよね?
肥満は単純にはカロリーの取りすぎです。

もしよければ下記で肥満チェックしてみてください。
肥満チェック

ペットビジョン






posted by petvision at 01:01| Comment(1) | TrackBack(2) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ネコの糖尿病増加 肥満との関係

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

最近は猫ちゃんの室内飼いが増加しています。
散歩という習慣がありませんから、運動は極めて制限されます。

また、避妊手術、去勢手術の結果、室内飼いの猫ちゃんには

肥満
(クリックすると肥満度がチェックできます)

になりやすくなります。

当院でも、猫ちゃんの減量、肥満対策の処方食が最近処方する
回数が増加しました。
難しいのは猫ちゃんの場合、嗜好性が大きく左右しますので、
処方食選びも苦労されることが多いようです。

猫ちゃんの肥満とともにリスクが高まる病気があります。

猫の糖尿病

これは肥満と大きく関係するようです。

猫の糖尿病なんて猫

そう思われる飼い主さんも多いかもしれませんが、
猫の病気に敏感な飼い主さんには結構当たり前の知識ですね。

猫の糖尿病は人間の糖尿病と類似しています。

猫の糖尿病発生率は0.2〜0.1%といわれており、インスリン
非依存性糖尿病(NIDDM)は猫において発生頻度が高く、
中年の肥満猫(とりわけ去勢雄猫)の罹患傾向が高く、
また、肥満猫はインスリン抵抗性を示し、血中インスリン
濃度は低値を示します。

小難しいですが
インスリンは、体の糖を体の細胞の中に糖をちゃんと取り込む
ための非常に大切な酵素です。糖が取り込めないと血液の
中に糖が過度に存在してしまい、色々な臓器を糖が壊して
いきます。

簡単にいうと、インスリン被依存性糖尿病というのは、

太りすぎで、ちゃんとインスリンが出ているのもかかわらず
体についてしまった脂肪が、インスリンを細胞が取り込み
できなくなります。そうすると糖がちゃんと分解できなく
なり、糖尿病になります。
このタイプの猫の糖尿病は、減量することで初期であれば
糖尿病に進行せずに改善することができます。

またこのタイプの糖尿病は
ハッピー糖尿病
とも言われます。
ようするに、外見が健康そうに見えるためです。

室内猫の肥満は今後非常に管理することが必要になります。
糖尿病になってしまうと、人間も同様ですが、かなり
厳密なカロリー対策が必要になります。
また、インスリンを飼い主さんが毎日注射しなければならない
インスリン依存性糖尿病に進行することもあります。

予防が一番です。
どう考えても。
ペットビジョン





posted by petvision at 18:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 動物病院製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。