2007年04月20日

猫ちゃんに不適切なもの、必要なもの

動物病院専用製品の購入は
ペットビジョン

哺乳類といっても猫、犬、そして人間では色々な
物を異にすることがあります。

特に薬については猫、犬それぞれ投与したはいけない
薬や、食べ物が存在します。

猫ちゃんに関して、不適切なものとしては
タマネギ(タマネギ中毒  犬も同じですね)
ヒスタミン
プロピレングリコール(半生タイプのフードに利用されることが
あります)
などがあります。

また猫ちゃんに必要な成分としては
アルギニン、タウリン、メチオニン、シスチンなどと
いったアミノ酸が上げられます。摂取が少なくなると
症状が出てしまいます。
最近は自家製のごはんを作られる飼い主様が増えましたが、
上記アミノ酸の配合には注意してください。

小難しい話になりますが、猫ちゃんにはグルクロン酸抱合
という薬の代謝(簡単に言えば無毒にして排泄する)の
能力がないので、アスピリン、アセトアミノフェンといった
われわれ人間には極めて身近な薬が非常に毒性を持ちます。
また前述しましたが、市販のノミ駆除薬のピレスロイドも
同様です。ピレスロイドについては使用は控えた方が
いいです。
猫ちゃんにアスピリンや、アセトアミノフェンを投与して
しまった場合、赤血球が溶血してしまったり、血液が
凝固しないといったことになります。
アスピリンやアセトアミノフェン(バファリン)等を
使われている飼い主様は注意が必要ですね。
ピレスロイドについては、市販のノミ駆虫スポットに
かなり使われていますが、ピレスロイドをなめてしまう
ことによって中枢神経症状(興奮とかケイレンなど)が
でますので、もしピレスロイドを滴下してノミ駆除をされて
いる飼い主さんは、猫ちゃんがなめれないようにしっかり
滴下する必要がありますね。

ペットビジョン
posted by petvision at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39399256

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。