2007年04月21日

一番気になる病気は 足 犬の飼い主さん

ペットビジョン
オンラインで動物病院専用製品をどうぞ。

ファイザー製薬による愛犬の健康に対する意識調査によると
愛犬の病気で最も気になるのは、

皮膚病

という順番だそうです。
ペット医療の専門化
でブログしたように、獣医師の強化したい専門分野では7位
(整形外科)に入っています。
犬の足の病気では、関節炎が飼い主さんには一番気になるよう
ですね。犬の関節炎にも色々な種類があります。また老齢に
なると関節の消耗が見られますので、関節炎自体増加します。
われわれ人間と同様ですね。
犬の関節炎も当然痛みを伴います。しかしながら痛みを
薬で抑えるということに異論も多いので、飼い主様側としては
サプリメントや食事療法(減量など)で犬の関節炎を緩和する
療法を好まれることが増えました。

ちなみにこのレポートでは、飼い主様の意識として
治療に対する費用は1回の治療の妥当治療費用は
\2,000〜\3,000が最も多かったとのことです。

犬の関節炎は肥満と相関することが多いですから皆様
お気をつけください。

ペットビジョン
posted by petvision at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39539505

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。