2007年04月29日

ネコちゃんの死亡原因 

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

ペット保険のアニコムさんのデータに、猫ちゃんの
死亡原因の順位があります。
上位から順に羅列しますと

感染症
事故
泌尿器疾患
循環器疾患
悪性腫瘍
呼吸器
肝疾患
消化器疾患
神経疾患
内分泌(主に糖尿病)疾患

となっています。統計の絶対数が少ないので、なんとも
言えませんが、猫ちゃんの死亡原因の1位は感染症と
なっています。猫ちゃんの感染症には色々とありますが、
この中にはたぶん猫HIV、猫白血病などの伝染病も
含まれていると思います。猫HIVや猫白血病は発病
はしていないキャリアの子が多いので、予防手段として
は室内飼いが最良ということにはなります。しかしながら
猫HIVや猫白血病についてはお母さんのお腹の中で
キャリアになってしまうということもあります。

2位はやはり事故で、どうしてもお外に出る子の交通事故は
後を絶ちません。猫ちゃんの泌尿器疾患については、猫の
腎不全や、猫のFUS等から起因するものが多いと思われます。
猫の腎不全は、老齢期に入りますと増加します。猫の
腎不全は食餌等が関与する場合も多いです。

どちらにしても、猫ちゃんの飼育については、昔ながらの
外飼いではなく、室内飼いが増加していますので、猫ちゃんの
交通事故は減少する傾向になるとは思いますが、その分
病気の予防が重要になってくると思います。

ペットビジョン
posted by petvision at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。