2007年05月02日

ペットのマイクロチップ@

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ


GWに入り、気候も急に温かくなりました。
これからの時期はワンちゃんの熱中症に要注意です。
ワンちゃんの飼い主さんはご存知かと思いますが犬は
呼吸で体温調節しますので、犬の熱中症は人間と比べても
あっという間になってしまいます。犬の熱中症も人間同様
症状は軽いものから重いものまで様々で、重症例では非常に
生命に危険を及ぼします。犬の熱中症はとにかく予防が
最大の手段です。

狂犬病予防接種と犬の登録については先のブログで
書かせていただきました。
日本でもペットの登録に
マイクロチップ
を国を含めて推奨し始めています。海外ではマイクロチップは
日本に先んじて進んでいますが、日本ではペットのマイクロ
チップ導入は未だ始まったばかりです。皆様のかかりつけの
動物病院でも導入していないところが多いはずです。獣医師側も
手さぐりの状態であり、積極的に飼い主さんにお勧めできる
材料がそろっていないというのが正直なことろだと思います。

ペットのマイクロチップの導入は
果たして必要か
メリット、デメリット
飼い主さん側からの声
導入する側(国、動物病院、メーカー)の声
海外でのペットのマイクロチップ導入例
などを紹介してまいります。
ペットビジョン




posted by petvision at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40604028

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。