2007年05月05日

犬の熱中症

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

GWの終盤の今日は日本各地ともに暑いという表現が似合う
ほど気温が上昇しています。
このように暑さ対策が万全で無いときに発生するのが
犬の熱中症
です。

ご存知かもしれませんが、われわれ人間と違い、犬の場合
エクリン腺
つまり、汗を対外に出す機能がありません。
人間の場合ですと、体温が上昇すると、このエクリン腺から
汗を対外に出すことによって体温を下げることができます。

犬は汗をかけません。

ではどうするかというと、呼吸だけで体温調節をします。

ですので、人間と比較にならないほど熱中症になりやすい
のです。

常識的な知識があれば熱中症にならないと考えがちです。
しかしクーラーや、あらゆる水分補給可能な装備がととのっ
ている人間ですら年間に何人もの方が熱中症で亡くなります。
わんちゃんの場合は、飼い主さんの行動一つであっという間に
熱中症になってしまいます。

締め切った部屋でのクーラーのつけ忘れ

過度の運動

アスファルトの上の長時間の散歩

水分の補給不足

室外で飼っていて、リードが絡んだりして直射日光にさらされる

ドライブなど、興奮しやすい状態で、車内でも日当たりが良い
場所に長時間知らないうちにいた


などあながちなさそうであることなのです。

熱中症を起こしやすい犬種もあります。

パグ
シーズー
ペキニーズ
フレンチブルドッグ
ボクサー
ボストンテリア


などの短頭種は気道が短いので、呼吸での空気交換が
もともと苦手ですから、あっという間に体に熱がこもって
しまうことがあります。
また
ハスキー
アラスカンマラミュート

など遺伝的に寒冷地生まれの犬種も熱中症のリスクが高いです。
それと
肥満傾向の子
気をつけてください。

熱中症は予防が一番です。

しかしもし熱中症になってしまった場合どうするか。
当然ですが、飼い主様たちは熱中症の症状がでて
しまったらかかりつけの病院なりに直行するでしょう。

もし飼い主さんだけで対応しなければならない場合

参考にされてください。

犬の熱中症の症状は様々です。
舌を出して呼吸が早いが、意識はしっかりしているし、水も
しっかり取れるという軽度の場合から、意識が無く、ケイレンや、低血圧、そして多臓器不全などの重度なものまで様々です。

飼い主さんができること

体温を測る
体を冷やす
水分が取れるようであれば少しずつこまめに与える


これが3原則です。

ご自分のペットの平熱ってあまり皆さん認識が無いかも
しれません。しかしながら、熱中症に限らず、体温を測定
することができれば、他の病気のケアにも応用が可能にな
りますね。
市販の電子体温計でも全然かまいません。
肛門に入れて体温を測定するのが原則です。

熱中症の場合、40℃が境目になります。

40℃以下であって、水も飲めるようであれば、それほど
心配なく、こまめに体温を測定し、水分を与え、涼しい部屋で
管理し、徐々に平熱(38℃台)に戻ってくれば問題ありません。

40℃を超えている場合

41℃以上
ある場合は、とにかく体を冷却しなければなりません。
また水を飲める場合でも、体の臓器に支障がでていることに
より飲んでも吐く場合があります。これは逆に脱水を進める
ことになりますので、逆効果になります。
体温の冷却ですが、

脇下、股下、首の動脈部を氷等でしっかり冷却する
(人間と同じで頭を冷やしても無意味です)

体温を絶えず測定し、39℃台まで下がるのを確認する

39度台になると、逆に冷やしすぎに注意し、氷等をとりはずす

少しずつお水を与える
(大量に与えると吐くので、少しずつ吐かないのを確認しつつ)


そして体温が下がると同時に意識もかなりよくなってきたら
一安心です。
氷等が無い場合は、お風呂に(当然お湯でなく水風呂です)
入れたり、体を濡れタオルで湿らせて、扇風機等をあてるのも
効果的です。
この場合も体が冷えすぎないように、マメに体温を測定する
ことは必要です。

41℃以上の体温があった場合や、40℃以下でも、状態の
戻りが悪い場合は落ち着いたとしても、病院に連れていく
手段を考える、あるいは電話なりで獣医師の指示に従って
ください。

どちらにしろ、このような処置が必要にならないこと
予防
それにこしたことはありませんね。
ペットビジョン
ペットビジョン 製品ランキング


















posted by petvision at 12:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 処方食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家のブログを覗きに着てくださってありがとうございます^^
参考になるかわかりませんがちょこちょこ遊びに来てください☆
我が家では暑い日に外に遊びに行くときは、水も持って行きますが、人間用のアイスノン等をタオルで巻いて行き、わきの下などにあてたりしています。

Posted by さくらまま at 2007年05月05日 14:06
うちのブログにコメントいただきまして、
ありがとうございます。
自分は、獣医学にはまったくの素人なので、
うちのワンコの症状につきましても、お気づき
の点などありましたら、ご指摘いただければ
幸いです。
Posted by 火の玉小僧 at 2007年05月05日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40837433

この記事へのトラックバック


Excerpt: アラスカン・マラミュートアラスカン・マラミュートは犬の品種の1つで、大型犬に分類される。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikiped..
Weblog: ペットでボン!ドッグ編
Tracked: 2007-11-18 20:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。