2007年05月11日

猫を飼う方が増えましたね。

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

ここ近年、猫ちゃんを飼う飼い主様が増えています。
理由は様々ですが、一人暮らしの方でも安心して猫ちゃんは
飼えることや、マンションなどでのペットの飼育可能建物が
増えた影響があると考えます。

ペットは人間に癒しを与え、人間の心にゆとりを持たせます。
ペットとの生活が、どのように人間生活に影響を与えるか
下記に統計資料より抜粋してみました。

犬を軽くなで始めると、数分後に人も犬もストレスを緩和するホルモンの分泌が高まる。

ニューヨーク、ミズーリ、テキサス州の療養施設で調査したところ、環境中にペットや草花を取り入れると、患者1人の1日当り平均医療コストが$3.80だったものが$1.18に減少した。

ペットの飼い主は血圧がより低く、ストレスのより少ない生活を送り、中性脂肪とコレステロール値が低く、関節痛、不眠症、不安などの症状が軽い。

ペットと運動をすることで、健康状態をより良く維持でき、孤独や孤立感を緩和する。エイズ患者は鬱症状やストレスを緩和できた。

ペット飼育は心臓発作を起こした患者の1年生存率を最大で8倍高めることに貢献する。

ペットを飼育し始めた70%の家族は幸福や楽しみが増加したと答えた。

ペット飼育は夫婦間のストレスも減少する。240組の既婚カップルの半数はペットを飼育しているが、両群に簡単なストレスを与えて心拍数増加や血圧上昇、算数の回答状況などを調べたところ、ペット飼育カップルはストレスレベルが低く、かつ計算間違いが少ない。

ペットを飼育するカップルは、飼育しないカップルに比較して、お互いのコミュニケーション度と満足度がより高く、ストレスにうまく対応できる。

犬と一緒に生活する子供は重病に罹ったときや、親との死別に対してうまく向き合うことができる。

動物愛護教育プログラムに参加した子供は、参加しなかった子供に比較して他人への思いやりが強い。

etc....

皆様当てはまることあるのではないでしょうか。
ペットビジョン






posted by petvision at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41407691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。