2007年05月09日

ネコの糖尿病増加 肥満との関係

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

最近は猫ちゃんの室内飼いが増加しています。
散歩という習慣がありませんから、運動は極めて制限されます。

また、避妊手術、去勢手術の結果、室内飼いの猫ちゃんには

肥満
(クリックすると肥満度がチェックできます)

になりやすくなります。

当院でも、猫ちゃんの減量、肥満対策の処方食が最近処方する
回数が増加しました。
難しいのは猫ちゃんの場合、嗜好性が大きく左右しますので、
処方食選びも苦労されることが多いようです。

猫ちゃんの肥満とともにリスクが高まる病気があります。

猫の糖尿病

これは肥満と大きく関係するようです。

猫の糖尿病なんて猫

そう思われる飼い主さんも多いかもしれませんが、
猫の病気に敏感な飼い主さんには結構当たり前の知識ですね。

猫の糖尿病は人間の糖尿病と類似しています。

猫の糖尿病発生率は0.2〜0.1%といわれており、インスリン
非依存性糖尿病(NIDDM)は猫において発生頻度が高く、
中年の肥満猫(とりわけ去勢雄猫)の罹患傾向が高く、
また、肥満猫はインスリン抵抗性を示し、血中インスリン
濃度は低値を示します。

小難しいですが
インスリンは、体の糖を体の細胞の中に糖をちゃんと取り込む
ための非常に大切な酵素です。糖が取り込めないと血液の
中に糖が過度に存在してしまい、色々な臓器を糖が壊して
いきます。

簡単にいうと、インスリン被依存性糖尿病というのは、

太りすぎで、ちゃんとインスリンが出ているのもかかわらず
体についてしまった脂肪が、インスリンを細胞が取り込み
できなくなります。そうすると糖がちゃんと分解できなく
なり、糖尿病になります。
このタイプの猫の糖尿病は、減量することで初期であれば
糖尿病に進行せずに改善することができます。

またこのタイプの糖尿病は
ハッピー糖尿病
とも言われます。
ようするに、外見が健康そうに見えるためです。

室内猫の肥満は今後非常に管理することが必要になります。
糖尿病になってしまうと、人間も同様ですが、かなり
厳密なカロリー対策が必要になります。
また、インスリンを飼い主さんが毎日注射しなければならない
インスリン依存性糖尿病に進行することもあります。

予防が一番です。
どう考えても。
ペットビジョン





posted by petvision at 18:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 動物病院製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ネコちゃんの寄生虫予防薬 

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

ネコちゃんの飼い主さんは年々非常に増加しており、
ワンちゃんの飼育数の伸びを大きく越しております。

ネコちゃん用の動物病院専用製品や、ネコちゃん用
処方食のラインナップも年々増加しています。

特に今年はフロフェンダースポットとモナリートという
二つの新製品が加わり、豊富になりましたが、逆に飼い主
様たちはどれが良いのか、どれが必要なのか、非常に
困惑するかもせれませんね。

ノミとマダニ
これは外部寄生虫といって、お薬としてはフロントライン
プラスやアドバンテージプラスが有名です。
ノミやマダニは外にいる虫ですので、お外に出る子は特に
この時期必要になります。ネコノミは人にもノミアレル
ギーを起こしますので、ネコちゃんだけではなく、飼い主
さんへの二次的被害を予防する役目にもなります。
フロントラインプラスやアドバンテージハートについては
かなりの飼い主様がお使いになっていると思います。

ノミと回虫とフィラリアそして疥癬(カイセン)
フロントラインフラスやアドバンテージプラスでは
補いきれない、フィラリア予防(駆虫)ができるのが
レボリューション6%です。ネコのフィラリア症
ついては近年研究が進んでいますが、レボリューション
6%のフィラリア駆虫成分であるセラメクチンは
疥癬(カイセン)
特にミミヒゼンダニにも有効なため、一石二鳥ではあります。
しかしネコのフィラリア症については、予防や駆虫するだけの
感染率かどうかという議論がありますので、ご心配な方には
良いかもしれません。ちなみにレボリューション6%はマダニ
には有効ではありません。

猫回虫・猫鉤(こう)虫・瓜実(うりざね)条虫、猫条虫
多包条虫

これに関しましては、本年の新製品である、フロフェン
ダースポットとモナリートがあります。ここで詳しく
プロフェンダースポットとモナリート
でブログにしておりますのでお読みください。
フロントラインプラスなどとは少し目的がフロフェンダー
スポットとモナリートでは違いはありますが、併用される
飼い主様も多いようですね。

どちらにしても、ネコちゃんに対する飼い主様の予防意識の
高まりは今後も新製品の開発へと結びつくと思われます。
ペットビジョン





posted by petvision at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物病院製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

プロフェンダースポットとモナリート 

ペットビジョン

プロフェンダースポット
モナリート

ご存知の方はかなりの知識だと思います。
今春から新発売になる猫ちゃんのお腹の虫下し(消化管内寄生虫
駆除剤)です。スポット(滴下型)の製品は初めてになります。
フロフェンダースポットもモナリートも構成される
成分は同じなので、効能も同じです。
プロフェンダースポットはバイエル社、モナリートは
森永製菓からの発売となります。
フロフェンダーもモナリートもともにプランジクアンテルと
エモデプジドを製剤化しています。

駆虫できるお腹の虫は
猫回虫・猫鉤(こう)虫・瓜実(うりざね)条虫、猫条虫
多包条虫
になります。
皆さんがよく耳にするのは猫回虫と、瓜実条虫だと思います。
猫回虫は子猫の検便ではかなり発見されやすく、瓜実条虫は
ノミから感染させられて、肛門に小さい米粒みたいなものが
くっついている感じのものです。

今までは飲み薬(ドロンタール、ドロンタールプラス)しか
なかったので、スポットタイプはやり易いので、便利だと
思います。フロフェンダースポットそしてモナリートとも
価格はたぶん同じになるでしょうね。何せ成分が同じ
ですので、安い方をお求めになるでしょうから、メーカーも
値段は横ならびにすると思います。





posted by petvision at 15:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 動物病院製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。