2007年05月07日

動物看護士 動物病院を支えるマルチな存在

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

動物病院では、獣医師だけでなく動物看護士さん(AHTと
呼ばれています)の仕事も非常に重要です。

動物看護士さんの仕事は非常にマルチです。
受付
入院管理
処置、治療のサポート
検査技師としての役割
などなど・・・

人間の看護婦さんはより専門的技量を求められますので
少し役割が違うかもしれません。

動物看護士さんは非常に動物好き(当たり前ですね)ですが、
飼い主さんも獣医師とは違って、話やすく、場合によっては
問診を獣医師よりできるので、診断が的確な場合すらありま
す(獣医師が病をみて動物を見ない欠点を補う意味で)。

日本の獣医療はまだまだ未発展です。
失礼な言い方ですが、小動物獣医師はもともと不要な
分野だという獣医師もいます。
元来、日本の獣医師の始まりは軍馬の管理でした。
また、基本的な獣医師の役割は人間生活がより安全性である
ための専門職(畜産、公衆衛生など)という考えがあります。

意外かもしれませんが、動物看護士は国家資格ではありません。
ですので、明日誰もが「私は動物看護士です」といっても
なんら問題はありません。ですので、まだ社会的にも、
また職業的にも(待遇等)恵まれていません。

アメリカなどでは、AHTとは呼ばずに、VTと呼びます。
ヨーロッパではVNと呼びます。
AHTはanimal health technichanの略語ですが、
VTはveterinary technichan,VHはVeterinary nurseの略語です。
veterinaryは獣医療という意味です。

獣医療の質を高めるためには本当に色々なところから着手
しなければなりません。
ペットビジョン




posted by petvision at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

犬の熱中症

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

GWの終盤の今日は日本各地ともに暑いという表現が似合う
ほど気温が上昇しています。
このように暑さ対策が万全で無いときに発生するのが
犬の熱中症
です。

ご存知かもしれませんが、われわれ人間と違い、犬の場合
エクリン腺
つまり、汗を対外に出す機能がありません。
人間の場合ですと、体温が上昇すると、このエクリン腺から
汗を対外に出すことによって体温を下げることができます。

犬は汗をかけません。

ではどうするかというと、呼吸だけで体温調節をします。

ですので、人間と比較にならないほど熱中症になりやすい
のです。

常識的な知識があれば熱中症にならないと考えがちです。
しかしクーラーや、あらゆる水分補給可能な装備がととのっ
ている人間ですら年間に何人もの方が熱中症で亡くなります。
わんちゃんの場合は、飼い主さんの行動一つであっという間に
熱中症になってしまいます。

締め切った部屋でのクーラーのつけ忘れ

過度の運動

アスファルトの上の長時間の散歩

水分の補給不足

室外で飼っていて、リードが絡んだりして直射日光にさらされる

ドライブなど、興奮しやすい状態で、車内でも日当たりが良い
場所に長時間知らないうちにいた


などあながちなさそうであることなのです。

熱中症を起こしやすい犬種もあります。

パグ
シーズー
ペキニーズ
フレンチブルドッグ
ボクサー
ボストンテリア


などの短頭種は気道が短いので、呼吸での空気交換が
もともと苦手ですから、あっという間に体に熱がこもって
しまうことがあります。
また
ハスキー
アラスカンマラミュート

など遺伝的に寒冷地生まれの犬種も熱中症のリスクが高いです。
それと
肥満傾向の子
気をつけてください。

熱中症は予防が一番です。

しかしもし熱中症になってしまった場合どうするか。
当然ですが、飼い主様たちは熱中症の症状がでて
しまったらかかりつけの病院なりに直行するでしょう。

もし飼い主さんだけで対応しなければならない場合

参考にされてください。

犬の熱中症の症状は様々です。
舌を出して呼吸が早いが、意識はしっかりしているし、水も
しっかり取れるという軽度の場合から、意識が無く、ケイレンや、低血圧、そして多臓器不全などの重度なものまで様々です。

飼い主さんができること

体温を測る
体を冷やす
水分が取れるようであれば少しずつこまめに与える


これが3原則です。

ご自分のペットの平熱ってあまり皆さん認識が無いかも
しれません。しかしながら、熱中症に限らず、体温を測定
することができれば、他の病気のケアにも応用が可能にな
りますね。
市販の電子体温計でも全然かまいません。
肛門に入れて体温を測定するのが原則です。

熱中症の場合、40℃が境目になります。

40℃以下であって、水も飲めるようであれば、それほど
心配なく、こまめに体温を測定し、水分を与え、涼しい部屋で
管理し、徐々に平熱(38℃台)に戻ってくれば問題ありません。

40℃を超えている場合

41℃以上
ある場合は、とにかく体を冷却しなければなりません。
また水を飲める場合でも、体の臓器に支障がでていることに
より飲んでも吐く場合があります。これは逆に脱水を進める
ことになりますので、逆効果になります。
体温の冷却ですが、

脇下、股下、首の動脈部を氷等でしっかり冷却する
(人間と同じで頭を冷やしても無意味です)

体温を絶えず測定し、39℃台まで下がるのを確認する

39度台になると、逆に冷やしすぎに注意し、氷等をとりはずす

少しずつお水を与える
(大量に与えると吐くので、少しずつ吐かないのを確認しつつ)


そして体温が下がると同時に意識もかなりよくなってきたら
一安心です。
氷等が無い場合は、お風呂に(当然お湯でなく水風呂です)
入れたり、体を濡れタオルで湿らせて、扇風機等をあてるのも
効果的です。
この場合も体が冷えすぎないように、マメに体温を測定する
ことは必要です。

41℃以上の体温があった場合や、40℃以下でも、状態の
戻りが悪い場合は落ち着いたとしても、病院に連れていく
手段を考える、あるいは電話なりで獣医師の指示に従って
ください。

どちらにしろ、このような処置が必要にならないこと
予防
それにこしたことはありませんね。
ペットビジョン
ペットビジョン 製品ランキング


















posted by petvision at 12:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 処方食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

犬と雷

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

これから夏に向かい、気候も不安定になります。
雷の発生もそのひとつです。

犬と雷は非常に相性が悪く(人間もしかりですが)、ほとんどの
犬は雷を恐れ、怖がります。
最近では雷の恐怖から回避するための行動療法や、抗不安薬の
投与がありますが、?ですね。

雷の音を好きになる子はまずいません。それだけは理解して
おいた方が良いかと思います。

雷発生時に飼い主さんの役割は非常に重要になります。

飼い主さんにとっても雷の音は厭なものです。
でも雷が永遠と続くわけではないことは我々の脳は理解
しています。
傍らの愛犬に雷の発生時に、ボスたる飼い主さんがあわて
恐れれば、わんちゃんも不安はいっそう強いものとなります。

愛犬にとって重要なのは、

飼い主さんの抱擁
何でも無いと優しく声をかけてあげる

というボスの毅然とした態度次第になります。

またおやつ等を口にできる子は与えてあげるのも良いこと
だ思います。

ちなみにアメリカのペンシルバニア大学での研究によると、
犬の雷は同居犬がいた方が、恐怖のレベルは低下するそう
です。

いずれにしろ、その他わんちゃんには人間にとっては楽しい
盆踊りや花火がわずらわしいものになる時期がやってきます。

ペットビジョン


posted by petvision at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

猫の祖先は

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

アメリカ国立がんセンターの研究によると
ネコの起源は1100万年前の
アジア
だそうです。
ペットビジョン
posted by petvision at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカではどんな病気でペットが動物病院にいくのでしょうか。

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

アメリカはペット医療の最先端の国です。日本の獣医師あるいは動物病院も新しいペットの治療方法等をアメリカのデータ、論文
等を参考にすることも非常に多いです。

アメリカではどのような病気で飼い主さんが動物病院に行く
ことが多いのでしょうか。veterinarypracticenewsによると

犬の治療としては
耳感染症
皮膚アレルギー
胃の不調
良性腫瘍
膀胱炎
皮膚感染症
捻挫
眼感染症
腸炎
皮膚創傷

猫の治療としては
尿路感染症
胃の不調
呼吸器感染症
耳感染症
皮膚アレルギー
眼感染症
創傷感染
腸炎
歯周病、歯肉炎
腎疾患

となっています。

猫の尿路感染症は日本も同様ですね。アメリカでは犬の捻挫が
多いのは、飼育環境や、大型犬の多さがあるのでしょうね。
犬の耳感染症は日本でも多いですが、垂れ耳犬種に多いです
ので、アメリカの場合、垂れ耳犬種が非常に多いですから、
犬の外耳炎が多発すると考えます。

ペットビジョン
posted by petvision at 12:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロチップB

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

マイクロチップのブログは3回目になりますが、
ではマイクロチップが果たして世界各国で通用できるか
ということですが、

互換性がある国

EU
シンガポール
台湾
オーストラリア
ニュージーランド



非互換性の国(独自のマイクロチップ規格がある)
アメリカ
香港

マイクロチップ自体未だ無い国
アフリカ
中南米
中国
インド


となっています。

どちらにしろ、海外にペットと渡航、移住される方だけに
必要な情報ですが、EUなどは色々な部分でボーダレス化に
していますので、ペットのマイクロチップでの管理が必要
なのでしょう。

本題に入りますが
果たしてマイクロチップが日本で必要なのか?

複数の飼い主さんにお伺いしたところ
不要
という意見が大半でした。

理由としては

体に異物(マイクロチップ)を入れる不安感(安全性を含め)
迷子等になっても、タグを体につけている
痛そう


そして最大意見は
単純に不要(ようするにシンプルに不要)
でした。

意識的にはこのような感じです。
身近ではないことと、動物病院での啓蒙活動もないので、
致し方ないことでしょう。


しかしライフラインが絶たれた事態には非常に有用なものに
なるという実例が阪神淡路大震災の時にあったようです。
地元の獣医師の声がありました(interzooより)が、
飼い主不明な子達を保護したのの、飼い主さんに返す
ことができないときに、マイクロチップの存在は非常に
大きいものだったようです。

しかし平時では、機器を体に埋め込むという是非の倫理観が
勝るのが実情でしょうね。
ペットビジョン






posted by petvision at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

ペットのマイクロチップA

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

ペットのマイクロチップは現在すでに日本でも使用されて
います。
マイクロチップはAIPOというデータベースで一本化されていて
日本国内では情報の互換性の障害はありません。

では具体的にどのように埋め込まれるのでしょうか。
マイクロチップの埋め込み方の映像があります。

マイクロチップの埋め込み方法(大日本製薬)

映像で見る限り、動物病院で予防注射等でよく見られる
皮下注射
のイメージです。マイクロチップ自体の大きさは約1cm位で
すが埋め込むインジェクション自体は通常の注射よりかな
り太いです。

実際マイクロチップに入る情報は下記のようになっています。

マイクロチップ埋め込み日
登録番号
登録日
飼い主情報(飼い主名、住所、電話番号、国名)
動物情報(動物種、種類、毛色、生年月日、性別、名前)
獣医師情報(マイクロチップを埋めた担当獣医師名前)
施設情報(動物病院名、住所、電話番号)


将来的には、犬の(猫も含め)の登録管理についてマイクロ
チップの方が現行の登録より便利であると判断した場合、
マイクロチップの埋め込みは義務になる可能性が高くなりま
す。またその場合、猫も対象になる可能性があります。






posted by petvision at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットのマイクロチップ@

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ


GWに入り、気候も急に温かくなりました。
これからの時期はワンちゃんの熱中症に要注意です。
ワンちゃんの飼い主さんはご存知かと思いますが犬は
呼吸で体温調節しますので、犬の熱中症は人間と比べても
あっという間になってしまいます。犬の熱中症も人間同様
症状は軽いものから重いものまで様々で、重症例では非常に
生命に危険を及ぼします。犬の熱中症はとにかく予防が
最大の手段です。

狂犬病予防接種と犬の登録については先のブログで
書かせていただきました。
日本でもペットの登録に
マイクロチップ
を国を含めて推奨し始めています。海外ではマイクロチップは
日本に先んじて進んでいますが、日本ではペットのマイクロ
チップ導入は未だ始まったばかりです。皆様のかかりつけの
動物病院でも導入していないところが多いはずです。獣医師側も
手さぐりの状態であり、積極的に飼い主さんにお勧めできる
材料がそろっていないというのが正直なことろだと思います。

ペットのマイクロチップの導入は
果たして必要か
メリット、デメリット
飼い主さん側からの声
導入する側(国、動物病院、メーカー)の声
海外でのペットのマイクロチップ導入例
などを紹介してまいります。
ペットビジョン




posted by petvision at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

獣医学部の学生の将来への未知

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

ペットの飼い主様には身近なのかもしれませんが、未知なこと
が多いのが動物病院あるいは獣医師だと思います。
獣医師は医学部や歯科部と同様に6年生の獣医学科に入学し
、国家試験を経て得られる資格です。非常に学部の数が少ない
上、年間1000人強の資格者しか出ませんから、卒後の就職を
考えて(皆さん以外かもしれませんが、獣医師の進路は多様で
最近は安定志向で公務員に進む方も多いです)、大学の
競争率は非常に高くなっています。また女性が多いのも
特徴的です。

intarzoo社獣医学部の学生へのアンケートよると
獣医学部を受験したきっかけベスト3は
動物が好きだから
なんらかの動物を助けたいきもちから
手に職を持ちたかったから

になっています。
その他、
偏差値の関係で・・・
儲かりそうだから・・・
なんていうのもありました。

卒業後の進路先に対して不安なことべスト3
臨床に関する知識
人間関係が上手くいくか
飼い主または顧客とうまくいくかどうか

この辺は学部とわず社会に出る新卒の方は共通でしょうね。
変わったことろでは
ちゃんと休みをもらえるのか・・・
恋人ができるのか・・・
勤務しても独立させてもらえるのか・・・
いりゃりゃー・・・

小動物(動物病院)臨床現場のイメージはベスト3
飼い主さんおよび動物とのコミュニケーション
忙しい
やりがいがある

学生さんの想像とリアルは合致しています。
その他
社会的ブーム(鋭い!)
獣医師冥利に尽きる(すばらしいですね)
などがありました。

他にも色々設問がありましたが、
動物病院、つまり小動物臨床に進む場合は
職人意識が強い
ということがあげられます。つまり命を救うという理念と
それを支える技能が不可欠というのが共通認識だと思います。

どちらにしても、命を預ける飼い主さん側からすれば
より理念のしっかりとした獣医師の診てもらいたいのが
最優先でしょう。
ペットビジョン



posted by petvision at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

ペットの高齢化

ペットビジョン
動物病院専用製品のご購入は当院でどうそ

2006年度のペットの飼育調査の結果が色々と出ています。
ちなみに2006年度の
犬の飼育頭数は 1208万9000頭
猫の飼育頭数は 1245万7000頭
(ペットフード工業会)
でした。犬の飼育頭数は前年比減(前年 1306万8000頭)で
猫については前年比増(前年 1209万7000頭)でした。

また犬の2006度に新しく登録された犬種別登録頭数では
1位がミニチュアダックスフンドで、116,550頭、
2位がチワワの86,725頭
3位がトイプードルの69,831頭
4位がヨークシャーテリアの23,787頭
5位がパピヨンの20,856頭で
以下ポメラニアン、シーズー、ミニチュアシュナウザー、
ウェルッシュコーギー、フレンチブルドック、マルチーズ、
柴、パグ、キャバリア、ラブラドールと続いていきます。
(JKCより)
獣医師から現場からみた感想ですと、フレンチブルドックの
数が急激に増えたという感じがします。トイプードルや
ミニチュアダックスはやはり人気の高さを維持しています。
JKCは当然mixの子たちや、クラブに無登録の場合もあり
ますので、多少の異差はあるでしょうが、ミニチュアダックス、
トイプードルの登録は今年も多いことでしょう。

今回の統計資料で統計的に立証されたのが
ペットの高齢化
であり、犬の場合は約半数が7歳以上であることが
判明されました。
ペットの高齢化は予防医学の徹底、病気の早期発見
動物病院の高度化等色々な要因が支えていますが、
逆にペットの高齢化により、痴呆や腫瘍等の疾患が
増加します。
ペットも人間同様高齢化に今後対応する色々なことが
生じると思います。

次回は飼い主様の意識調査の中身をブログ致します。
ペットビジョン

posted by petvision at 02:33| Comment(1) | TrackBack(2) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。